【会社概要】

ご挨拶

1960年の創業以来「タンタルコンデンサ陽極素子」の製造に携わって参りました。

タンタルコンデンサにおいて電極となる「素子」は最も重要な構成要素であり、 その製造技術は粉体を特定の密度で成形・焼結することに特徴があります。
粉体を低密度で、しかも指定した密度で加工するのは、かなり特殊な技術と言えます。

「研究」と「生産」のどちらにおいても、注意深い現状分析、大胆な発想、たゆまぬ探求心が「結果」を生み出すことを信じ、お客様の要求に応えてまいります。
私たちは本当に小さな力ですが、「お客様に学ぶ」を信条として成長を続けたいと考えております。

代表取締役 竹村輝男

 

コンプライアンス行動指針

高い倫理感と豊かな社会常識を持ち、
法令の遵守および社会規範の尊重を徹底し
常に良識ある企業活動を行う。

  1. 顧客や取引先、株主、社会からの信頼を得るために
  2. 社員の信頼関係を保つために
  3. 地球環境を守り、健全な職場環境を維持するために
  4. 会社が将来にわたって存続、発展していくために

 

会社概要

 
会社名
株式会社 高純度物質研究所 (Pure Material Laboratory)
株式会社 高純度物質研究所
代表者 代表取締役 竹村 輝男
従業員数 73名 (2012年4月 現在)
事業内容 タンタルコンデンサ陽極素子生産・開発
生産設備を自社内で設計・製作
設立 1960年10月1日
資本金 9,690万円
事業所 本社 工場 −東京都東村山市久米川町5-30-1
国分寺研究室 −東京都国分寺市南町1-11-10
取引先 主要電子機器メーカー
加盟団体 新技術協会、真空学会、電気化学協会、粉体工学会 (50音順)

 

沿革

 
1960年 (有)高純度物質研究所、資本金70万円で設立
1967年 世界初、連続真空焼却炉(8F)稼動
1970年 東村山に工場建設
1978年 PEC型ミニチュアコンデンサ製造開始
1979年 角形ペレット試作始める
1984年 月産3,000万個、月間売上1億円達成
1987年 月産4,000万個達成
1991年 月産8,000万個達成、資本金5,700万円に増資
1995年 月産1億個達成、久米川工場・会津工場稼動
2000年 月産3億個達成、本社工場増築、サンアイ工業(株)吸収
2004年 ISO14001認証取得、国分寺工場増築、久米川工場・会津工場が本社工場へ統合
2012年 ISO9001認証取得

株式会社高純度物質研究所

〒189-0003
東京都東村山市久米川町5-30-1
電話:042-394-4503(代表)
FAX:042-394-4861